バーチャルオフィスの基本的な形態

取引先にバーチャルオフィスと伝えても大丈夫?

取引先にバーチャルオフィスと伝えても大丈夫? バーチャルオフィスとは、住所や電話番号を借りる事が出来るオフィスです。
仕事をする空間はありませんが、ホームページに自宅の住所を掲載したくないなどの理由で利用する人が増えています。
ビジネスは取引先が存在しているわけですが、住所や電話番後はバーチャルオフィスの情報を伝えているため、事情を話す事で理解して貰えるケースも多いのではないでしょうか。
ちなみに、伝えるタイミングとしては、早ければ早いほど信頼を崩さずに済むため、伝える気持ちがある場合には早めがお勧めです。
伝えた事で、契約を破棄されるのではないだろうかなど不安に感じる人も多いかと思われますが、住所や電話番号はサービスを提供している情報でも、自宅が職場であり、理由があってバーチャルオフィスを利用している事を取引先に対して伝える事はマイナスになるものではありません。
特に、重要な取引先に対しては、最初にこうしたサービスを利用したいと考えているなどを相談しておくと良いでしょう。

取引先にバーチャルオフィスと伝えるときの注意点

取引先にバーチャルオフィスと伝えるときの注意点 月々数千円~3万円ほどで利用できるバーチャルオフィスは近年、IT業を中心に多くの起業家が利用しています。
バーチャルオフィスは一等地に住所を設定したり、不在時の電話対応や郵便物の転送などをしてくれるもので、実際にオフィスを構えることなく、ビジネスを行うことが可能です。
作業スペースが必要な時には机や椅子、備品類を備えた場所を貸してくれるレンタルオフィスが併設されている場合も多く、事業内容やニーズに応じてフレキシブルに対応できるのが大きな魅力です。
近年は大手企業も支店や営業所をバーチャル化するケースもあり、一般にも浸透してきています。
取引先にバーチャルオフィスであることを伝える時の注意点は、不信感を抱かれないためにも事実をありのままに伝えた方がいいでしょう。
電話対応や郵便物の対応をしてくれる秘書サービスを利用している旨を伝え、その上で取引先にとって何のデメリットが生じないことも誠実に伝えましょう。