バーチャルオフィスにおけるビジネス

バーチャルオフィスとは架空のオフィスのことです

バーチャルオフィスとは架空のオフィスのことです バーチャルオフィスと聞いてピンとこない方も多いと思います。
バーチャルオフィスとは一般的なオフィスとは違い、敷地を持たない住所と電話番号だけを借りる架空のオフィスの事です。よって、例えば自宅にいながら他の場所に会社をかまえることが可能となります。
このバーチャルオフィスの大きなメリットは通常オフィスを借りる場合、敷金や礼金、保証金など結構な金額がかかります。これは起業を考えている人にとっては痛い出費となりそれが原因でなかなか起業できないという人も多く大きな問題です。
しかし、バーチャルオフィスはそれらのお金がかからないので数千円から数万円の低コストで借りる事が可能です。
また、もう一つの大きなメリットとして都内の一等地にも会社の住所を置くことが可能となります。
会社がどこにあるかによって取引先の印象も変わってくることが多いのでこれは起業する人にとって重要なことです。住所や電話番号だけを借りる形になるのですが、郵便物や電話は最初に設定しておくと自動的に転送されるのでその点も安心です。
メリットが大きく、低予算で気軽に始めることができるので、これから起業を考えている人は選択肢の一つとして考えてみてもよいと思います。

バーチャルオフィスにおけるビジネス

バーチャルオフィスにおけるビジネス 世の中には非常に沢山の業種がありますが、インターネットを駆使した業種の代表とも言えるWEB関連・IT関連のビジネスがまず思い浮かぶでしょう。
もちろんこれらのビジネスは、インターネットに接続していれば仕事が出来る為、ある社員はバーチャルオフィス内で作業をし、またある者は自宅で育児をしながら作業をする等というのが典型例と言えます。
しかし、バーチャルオフィスは、銀座等の一等地を自分のオフィスとして利用出来る為、これを上手く利用すると、様々なビジネスに応用が利くでしょう。
例えば、高額な金融取引きを行う場合の商談です。
この様な場合には、与信と呼ばれる調査が行われる事が通例となっています。
そして重要なファクターとなるのが、取引き相手の企業が何処に籍を置いているかという所です。
もし、名刺交換後であれば、相手には銀座の一等地に会社がある事が分かる筈なのです。しかし、実際に来社されたお客さんに見られてる事は何一つありませんし、名刺に書かれた電話番号に電話をしても、専任の受付けスタッフが対応してくれます。
そして電話を転送してくれるので、一般の会社と何の遜色も無い事が分かります。
また、プロジェクタ施設のある会議室を利用して、プレゼンテーションを行う事も出来る筈です。
更に言えば、銀座は電車等の交通アクセスが優れているので、来場者もそれ程歩かずに済むでしょう。

バーチャルオフィスに関する情報リンク

サービス豊富なバーチャルオフィスのサイト

バーチャルオフィス